商いの先輩に学ぶ実践講座 イベントへ

マルシェに行ってきました。普段あまりマルシェに行かない私は、何が売っているかもよく分からず誘われるままに現地に到着しました。

 

飲食は、塩おにぎり、ロースイーツ、から揚げの3店のみ。小物が売っているのも少なかった。マッサージなどもあり、後はカード占いとかのスピリチュアル系でした。

 

私の初の雰囲気に社会見学状態で会場内をウロウロ歩きました。

 

 

こちらは、蓮のプリン。ロースイーツのお店で、友達を待っている間に食べました。

 

今回のイベントは地元のお客さんがメインで事前にチラシを配ったり声をかけたりしています。

 

でも、私みたいに何も知らずに入ってくる人もいます。そんな人でもわかるPOPがあればいいのにと思いました。

 

ほとんどよく分からないので、見るだけで体験することはありませんでした。

 

のぼり旗、立て看板、POPがいかに大切かを学びました。やはりシンプルで見やすい。パッと見て直ぐに分かるものが必要ですね。

★もったいないなぁ~と思ったこと
①こだわりがよくわからない
②笑顔で挨拶する人が少ない
③丸見え状態でマーっサージは嫌だなあ
 
★こんな風にしたらいいのに・・・
①目につくようにこだわりを書いたPOP貼るといいのに。
②笑顔で挨拶するだけでも親近感が沸くのに。
③マッサージするところは、せめてカーテンみたいなのがあったら体験しやすいのに。

 今日は、マルシェで11個ありました。

 

今までの商いの先輩に学ぶ実践講座

 

散々失敗して、凄い時間をかけても思うように進まなかった私の経験から、あなたがこれ以上無駄な時間を使わず済むように、少しでもお役に立てればと思い記事を書いています。

 

これを読んでも自分ではできない。と困っている人は、お問合せからご連絡くださいね。

 

お知らせ

 

お問合せはこちらから

お申込みはこちらから

商いの先輩に学ぶ実践講座詳細はこちら