和田久代 代表プロフィール

ひまわりコミュニティ代表  和田久代

1966年三重県で生まれる。

 

子供時代は・・・

 

サラリーマンの父が脱サラして千葉から祖父母が起こした事業を一緒にするために、小1の時に三重へ帰省。

 

転校族なので「はぶし(仲間はずれ)」にされることが多く、また家の経済が安定しないため、ほしいもの・学びたいことを我慢することも多々ありました。

 

そんな幼少時代だったが高校の時にはバスケットクラブで自分なりにやりがいと友達も出来て、またクラスで成績1.2位になる。やれば出来る!自信を少し取り戻す。

 

就職した会社でも大役に抜擢されるなどし、「がんばればできる!」というモットーで生きるようになりました。

 

子育て中にハプニングが・・・

 

3人目の子供が3歳の時、父が興した運送業・建設業の会社のうち、トラブルのあった運送会社を立て直すために入社するが、話の通じない非行少年、鑑別所上がりの社員もいて扱うのはむずかしく、毎日泣きながら出社していました。

 

経営がどん底に・・・

 

それでも7年間は経営・経理・配車すべてを一手に引き受け立て直すも、運転手が全員やめるというハプニングをきっかけに経営が困難になる。

 

その後、父の建設会社のほうに移るが、そのずさんな経理に驚き、追及したところ1か月で従業員が全員退社するという事態になった。

 

3人の子供たちが中・高生の大事な子育て時期、家の経済はどん底、夫婦仲も最低、会社も家も競売にかけられる。

 

追い打ちをかけるように悪いことは続く

 

そうなると子供たちにも様々な問題が…自身は子宮筋腫を患い、その手術から不眠になり、うつに発展する。おまけに、家計を立て直そうとして始めた仕事もうまくいかない…。

 

不安定な体調と付き合いながら、二度と商売はしたくない!と思っていたが、体調が良くなるにつれ、自分でやりたい気持ちが強くなっていった。

 

笑いヨガとの出会いが人生を変える

 

そして、笑いヨガと出会い体調が良くなることを実感しこれをみんなに伝えたい!そう思って起業しました。

 

起業したが・・・

 

でも、三代目として経営全般に関わっていたものの、自分で事業を興したことはなかった。何からしたらいいのか分からず、気が付いたことから一つずつ動き出しました。

 

けれど、社会との接点も減っている中、全くの初心者がそんな簡単にいくものではなかった。

 

自分が困ったときは「だれに聞けばいい?」「どこへ行ったらいいんだろう」と右往左往しました。

 

いろんな失敗もしながらたくさんの人に出会いました。今出来るようになったことで、これから創業起業をしようとする人のお役に立てればと思いこの事業を始めました。

 

女性として主婦として母として経験も共に生かせていければと思っています。

 

資格

日商簿記2級 建設業簿記3級

ラフターヨガユニバーシティ認定ラフターヨガティーチャー

笑い文字普及協会認定初級講師

笑いヨガ(ラフターヨガ)についてはこちら

 

担当講座